組合の歴史

結成から今日までの歴史

マキタユニオン(結成当時は、牧田電機製作所労働組合)は、昭和22年9月13日に、70名の組合員を擁して現在の本社工場に誕生しました。

現在では3,000人規模の組合となりましたが、その間にはいろいろな出来事がありました。

昭和

できごと
22年9月本社に牧田電機製作所労働組合が誕生
28年安城地区勤労団体協議会に加入
29年11月会社の人員整理案に対して24時間のストの実施
32年年間売り上げ1億円を突破
33年1月国産初の電気カンナの発売
36年8月機関紙「牧田労報」(ZENRINの前身)創刊号発行
37年8月会社名変更に伴い、組合名をマキタ電機製作所労働組合に変更
38年8月本社工場・東部・中部・西部の4支部発足
39年12月国民祝祭日が公休日となる
42年8月組合創立20周年記念式典実施
45年10月岡崎工場稼動開始
46年8月岡崎工場支部を発足し、5支部体制
47年4月賃金の年間協定が成立
49年7月専従制度が確立
50年1月オイルショックの影響で初の人員整理
50年4月組合創立以来初の労働委員会による斡旋案提示
50年8月組合のシンボルマーク決定
57年12月資格等級制人事制度労使合意案決定
60年4月定年が60才に延長
61年4月年間賃金が基準内賃金ベースに統一
61年10月リゾートシステム(契約保養所)の導入
63年11月コース別人事制度の導入

平成元年〜平成15年

できごと
元年2月電機労連(現在の電機連合)に直加盟
2年6月リフレッシュ休暇制度の導入
2年7月育児休職制度の導入(1歳の誕生日まで)
2年12月休日カレンダー協定が成立
3年4月マキタユニオンに組合名・ロゴマーク変更
3年4月営業3支部を営業支部として1つに統一
4年3月臨時社員の準社員化・準組合員化
4年5月DC休暇制度の導入
4年5月マキタユニオン創立45周年記念イベント
6年7月介護休暇制度の導入
6年4月勤続30年リフレッシュ休暇制度の導入
6年9月半日年休制度の導入
6年12月育児短時間勤務制度の導入(1歳の誕生日まで)
7年1月介護短時間勤務制度の導入
7年4月チャージ休暇制度の導入
7年4月製造部交替制勤務導入
8年4月1日の所定内労働時間7時間45分に短縮
8年4月フレックスタイム勤務制度の導入(営業)
9年9月マキタユニオン創立50周年
10年5月Bシフト部門別試験実施、G4シフト特別推薦枠導入
11年4月男女雇用機会均等法改正に伴う母性保護措置の導入
12年4月社宅規程を改正
13年12月育児休職期間の拡大(満1歳に至った直後の3月末日まで)
13年12月介護休職の分割取得可能(要介護者1人について4回まで)
13年12月介護短時間適用期間の拡大
14年4月育児短時間勤務者の半日有給取得制度新設
14年6月製造部変則シフト勤務(加工)、2シフト勤務(組立)の導入
14年6月米山寮丸太で遊具製作ボランティアの遊具完成と引き渡し
15年DIY教室の開催開始

平成16年〜

16年7月夏祭り2003「さようなら第3工場」の開催
17年4月第1製造部 昼夜2交替勤務制度の導入
17年4月育児短時間勤務者の半日有給取得制限の撤廃
17年4月看護休暇制度の導入(多目的休暇の改正)
17年4月転勤社宅の敷金負担見直し
18年1月兼松日産農林㈱社員組合(一部)との合併
18年4月再雇用制度の導入
18年4月育児短時間勤務制度の期間延長(小学校入学前まで)
18年7月本部支部制を廃止し、組合組織を統一
19年4月配偶者看護支援休暇制度の導入(多目的休暇の改正)
19年4月社宅規程 入居区分(独身者・単身者の広さ基準)の見直し
19年5月第1製造部 3組2交替勤務制度の導入
20年6月再雇用社員の組合員化
21年3月岡崎工場生産調整(一時帰休)実施
24年4月新人事制度導入
25年7月4月の㈱マキタ沼津吸収合併に伴うマキタ沼津労働組合との組織統合




組合員コンテンツ

ログイン

  • このコンテンツは組合員向けです。
  • ログインにはIDとパスワードが必要です。

ID・パスワードはこちらから。